上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時事通信 11月20日(土)18時7分配信


【ロンドン20日AFP=時事】英紙デーリー・メールが19日付で掲載したハリス世論調査で、英国民の多くは深刻な景気後退で政府が大幅な支出削減を進める中、ウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚式の費用は王室が負担すべきだと考えていることが分かった。
 英国民の大多数は、来年の王子の結婚は国家を元気づけ、王室を強固にするものであると考えているが、82%が費用は全額王室が出すべきだと答え、国家の税金と王室で折半すると答えた人は14%、国が全額面倒をみると回答した人はわずか4%だった。51%が式は質素にやるべきだと答え、豪華にするの24%を大きく上回った。
 結婚式の費用をどうするかはまだ発表されていないが、デーリー・メール紙は2人は王室にほとんどの費用の負担を頼むのではないかと書いている。
 また、68%がウィリアム王子はよい国王になると答え、53%が結婚は王室を強化すると回答している。しかし、王子の父親で王位継承順位第1位のチャールズ皇太子の評判はよくなく、48%が長男のウィリアム王子を次期国王にするために身を引く準備をすべきだと答えている。


*****

えっ?こういう意見が挙がるってことは、やっぱり国の税金が当たり前のように使われるものだったの?


英語翻訳
タガログ語翻訳
モンゴル語翻訳

by お
スポンサーサイト
タイトルはちょっと駄洒落を書いてみた。

通訳は、そのままの意味で通訳。
ツウ訳は、ちょっと気の利いた、「おぬし、やるな。」とうならせる様な上級のウィットが光る通訳。
痛訳は、イタイ訳。下手な訳。お粗末な訳。

お客様から「まるでなっていない。」とお叱りの言葉を受けてしまうような通訳は、痛訳なのだろう。


みんな通訳やツウ訳であって欲しい、と願うコーディネーターがここにいる。
下準備はシッカリと!知ったかぶりはダメよ!何かあったときは理由の説明は必要だけど、言い訳すると更に評価を落とすよ!


英語翻訳
中国語翻訳
韓国語翻訳

by お
ロイター 11月18日(木)13時12分配信


[モスクワ 17日 ロイター] ロシアのプーチン首相が、13日にブルガリアのボリソフ首相からプレゼントされた子犬の名前を、国民から募集している。政府の発表によると、首相のウェブサイトからオスにふさわしい名前を応募できるという。

柔道の黒帯を持ついつもは強面(こわもて)のプーチン首相だが、ブルガリアで生後3カ月のブルガリアン・シェパードの犬をプレゼントされた際は、嬉しそうに頬ずりするなど、無類の犬好きという一面も垣間見せていた。

 子犬は、プーチン氏の愛犬で黒いラブラドールの「コニー」と共に、今後も注目を浴びるとみられる。


*****

ここぞとばかりに自分の名前で応募する人もいるかもしれないけれど、犬が自分と同じ名前で呼ばれているのはあまり嬉しくないような気がする。
外国語の変な意味の単語で応募してくるような困った人たちもいることだろう。プーチン首相が外国語の辞書やネットで一つずつ意味を調べているところを想像してしまう・・・・・。

ロシア語翻訳
オランダ語翻訳
ノルウェー語翻訳

by お


毎日新聞 11月17日(水)10時56分配信


【メキシコ市・國枝すみれ】中米ハイチの保健当局は16日、感染が拡大しているコレラの死者数が1000人を超えたことを明らかにした。同日までの死者は1034人、入院している感染者は約1万6800人に上っているという。

一方、市民らによって「感染源」と疑われている、国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)ネパール部隊に対する抗議運動も拡大している。ハイチでは半世紀以上コレラ感染がなかったが、同部隊が派遣された9月以降にコレラが流行したためだ。

 AP通信は、15日の抗議運動で少なくとも市民2人が死亡、12人が負傷したほか、国連部隊6人が負傷したと伝えた。

 国連側は「ネパール部隊に感染者はいない」と疑惑を否定。抗議デモは28日に予定されている大統領選を前に治安かく乱を狙った「政治的動機に基づいたものだ」としている。

*****

以前、海外出張前にコレラとチフスの予防注射を両肩に打ったことがあった。
そのあと全身震えが来て、肩から腕にかけて激しい痛みが襲い、起きていられなかった。
しかし寝ようにも、肩が布団に触れると激痛が走り、結局仰向けのまま寝返りも打てなかった。
注射でこれだけ辛いのだから、実際に罹患したら相当きついのだろう。
早くおさまることを願ってやまない。

スペイン語翻訳
ポルトガル語翻訳
オランダ語翻訳

by お
毎日新聞 11月16日(火)18時55分配信

【カイロ和田浩明】イスラム教徒の一大行事「ハッジ(大巡礼)」が14日、始まった。世界各地から推計約250万人のイスラム教徒が集まるサウジアラビアの聖地メッカ付近では、各種儀式を行う巡礼者を運ぶため、中国企業が建設したモノレール「メッカ・メトロ」が前日に運行を開始した。

 モノレールは巡礼者が5日間のハッジ中に回るミナ、ムズダリファ、アラファト山の3地点を結び、全9駅が配置。AFP通信などによると、1回あたり約3000人を輸送できる。当面は最大輸送能力の3割程度で運行、利用できるのはサウジアラビアとペルシャ湾岸諸国の巡礼者約15万人。これまではバス約4000台を使っていた。

 全原油輸入量の2割をサウジから輸入する中国は、メッカと南西部の商業都市ジッダなどを結ぶ高速鉄道計画の受注にもフランス企業などと共同して成功している。中国メディアによると、今回のハッジまでにメッカ・メトロの運行にこぎ着けることで技術力を証明するため、相当な赤字覚悟で建設を進めたという。

・・・・・

メッカ・メトロに駆使されている技術は中国独自のものだろうか、それとも中国企業が海外から学んだ技術なのだろうか・・・・・?

ムスリムの義務として、一生に一度はメッカへの巡礼をすることになっている。
きっとみんな、このモノレールをバックにホームで写真を撮ったりするのだろう。
平和に無事に移動してもらえるよう、メッカ・メトロのメンテナンスはしっかりしていただけることを願う。

by お

アラビア語翻訳
インドネシア語翻訳
ペルシア語翻訳
オバマ大統領が幼少時に鎌倉を訪れた際に、大仏より抹茶アイスが気に入ったとのことだ。

抹茶アイスは日本らしさが売りの観光地ではどこでも人気が高い。京都でもお茶の名店の抹茶アイスは人気で、喫茶室はいつも待っているお客さんが長蛇の列となっている。

抹茶を飲んだことがない外国人は少なくないだろう。しかし、抹茶味が嫌いという意見はあまり聞かない。

これを機会に、英語圏の方々をはじめ、日本を訪れる外国人観光客に抹茶アイスがたくさん売れれば、観光地で商売を営む方々にとっても嬉しいことだろう。
「これがオバマ大統領も気に入った味です。」なんて通訳している声があちこちで聞かれるかもしれない。

因みにオバマ大統領が召し上がったのは、抹茶アイスバーだったらしい。観光地などで売られている抹茶アイスでよく見かけるのはソフトクリームなので、最初にニュースを聞いた際にはてっきりソフトクリームだと思ってしまった。ところで、ソフトクリームは私の住んでいた国では”ice cream cone”と呼ばれていたが、これはひょっとしたら下の三角の部分しか指さないのではないか?とネットで検索してみて気がついたのであった・・・・・。

by お

英語翻訳
ノルウェー語翻訳
フィンランド語翻訳
どの外国語でもそうだが、一番覚えやすいのは汚い言葉かもしれない。
耳に残りやすいし、口をついて出やすいからだろうか。
しかし、それは通訳しにくい。訳したときの的確な表現もまた汚いものになってしまうからだ。

かつて外国に住んでいた頃、ローカルの友人に「日本語の罵り言葉を教えて欲しい。」と頼まれた。
意地悪な姑にいつか言ってやりたい、という悲痛な若い嫁の希望であった。
そこで、「バカヤロー」は戦争映画などでよく使われているので、意味を知っているかもしれないから、と「クソッタレ」を教えてあげた(おぬしも悪よのう・・・・・)。
彼女はこの響きが気に入ったらしく、連呼して練習していた。しかし最初はどうしても「ソッタレ!」になってしまっていたので、その都度私ははじめに「ク」の音を入れるようにとレクチャーしていた(とほほ・・・・・)。

その国では数種類の言語や方言が使われていて、中には罵り言葉に性的な表現が他の言語に比べて多く用いられる方言もあった。だからその言語(方言)のネイティブ以外の人も、悪口を言うときはある特定の方言の、決まり文句である「汚い言葉」を使うことがよくあった。罵り言葉のレパートリーから言えば、性的な表現をいきなりぶつける方がその下品さも兼ね合って相手へ与えるダメージが大きいだろう。しかしいくら文化の違いとは言え、これはやはり褒められたものではない。そのような言葉で口汚く罵って相手を打ち負かすことができても、自分は偉くも強くも無い、ただのお下劣な輩だと表明しているようなものだ。

日本人は口で喧嘩が出来ない民族だ、と言われるが、決して不名誉な評価ではないような気がする。

余談だが、「クソッタレ」ってどういう意味?と件の友人に聞かれたときは、汚いので直訳ではない説明をした。
(もちろん、直訳の意味で使う人などいないだろうけれど。)


by お

中国語翻訳
韓国語翻訳
ベトナム語翻訳
2010年、APECは11月7日から開催されている。
どうしてこの時期なのだろう、とふと考えた。
もし10月末からだったら、ハロウィンの仮装をした人があちこちで歩いているからかもしれない。
そうしたら、どこもかしこも不審人物だらけで警察官は職務質問に明け暮れてしまうだろう。
また、仮装した人に紛れて本物のテロリストがうろついている可能性もある。

APECの開催は、ハロウィンを敢えて避けたのではないだろうか・・・・・と思う。
(それだけの理由ではないだろうけれど。)


by お

英語翻訳
スペイン語翻訳
ポルトガル語翻訳
通勤で東京駅を使っているのだが、最近はAPECの影響で警察官があちこちに立っている。
それでも、外国人観光客が少なくなったという感覚はあまりなく、新幹線に乗る中国人団体観光客などもいつもどおりに見かけるのであった。
仁王立ちになっている警察官だが、道が分からないときに聞くのもおまわりさんで、観光客にしてみればなんら変わりは無いだろう。
ひょっとしたら、「トイレはどこですか?」なんて外国人観光客に聞かれる警察官もいるかもしれないなぁ、と想像してしまうのであった。

by お

インドネシア語翻訳
以前、外国人の知人をはとバスで観光に連れて行くときに、バスガイドさんの説明が分からないのは気の毒、とばかりに自分が知人にウィスパリング通訳をしたことがある。
しかしこれが予想以上に大変な作業であった。
なんとか途中までは追いついていけるのだが、集中力の途切れと、何か一つの単語が思い浮かばなかったりするタイミングが重なると、あっという間に訳が抜けてしまう。
そのあたりは大体理解していただくとして、品質にムラがあるながらもなんとかウィスパリングを下車まで続けて行った。非常に疲れたのは言うまでも無い。
緊張感とともに通訳のタイミングを体で覚える、いい練習法かもしれない(しかし自分も一緒に観光を楽しむのであれば、休み休みにしよう)。

by お

タガログ語翻訳
Onomatopoeia is defined as a word that suggests or imitates the thing it describes.
In English, for example, we have "meow" for cat and "woof" for dog. These words are used and understood by people in English speaking countries. However in Japan, dogs go "wan wan" and cats "nya nya". If you think about it, either sounds can be correct, it is mostly based on the perception of the person making the sounds. Culture also influences perception. How interesting that we can learn something about language from the sounds of dogs and cats!

モンゴル語翻訳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。