FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時事通信 6月16日(木)16時26分配信

 東京都は16日、2020年の五輪招致に向け、新宿区の国立競技場をメーン会場とする方向で国と調整する方針を固めた。失敗した16年五輪招致計画で盛り込まれたスタジアム新設は見直す。経費削減により、都民から幅広く支持を取り付ける狙いだ。
 国立競技場は、1964年の東京五輪のメーン会場となったが、設計が古く現在の国際オリンピック委員会(IOC)の基準に適合していない。そのため、16年招致では約940億円を掛けて都立スタジアムを新設することにしていた。
 しかし、19年ラグビーワールドカップ(W杯)の日本開催決定などをきっかけに、国立競技場の改修を目指す機運が高まってきたことを受け、都は改修により競技場を活用する方が現実的と判断した。都は、改修に伴う周辺整備に必要な財政負担にも、一部応じる考えだ。

****************

2016年のオリンピック招致に敗退した東京都であるが、20年のオリンピック招致に動きだした。
スタジアム等のハード面ももちろん大事であるが、日本らしいソフト面のサービスが他国と差別化する鍵にならないだろうか。
例えば、世界各国からの参加があるのだから多言語翻訳されたナレーションが必要である。
全ての言語に対応するわけにはいかないが、英語 ナレーター中国語 ナレーター等は必須であろう。
その他に案内板を翻訳するにあたり、英語の他に韓国語フォント北京語フォント版もあれば役立つ。
選手村に格安国際電話を設置するのはどうだろうか。
各国選手のインタビューをテープ起こししてニュースにしたり、競技映像を映像翻訳して世界へ配信するお手伝いもできないだろうか。
日本でのオリンピック開催。夢を現実のものとして欲しい。

By MT
スポンサーサイト
読売新聞 6月15日(水)22時26分配信

 デンマークのフレデリック皇太子(43)が14日、東日本大震災で津波被害を受けた宮城県東松島市を訪れ、小学校で給食を食べながら子どもたちを励まし、デンマーク企業からの義援金約2200万円を寄付した。

 皇太子は15日、都内で本紙の取材に対し「欧州では日本旅行は危ないという見方が広がっているが、危険ではないと示したかった。遊覧船から見た松島の自然は素晴らしく、東北地方にとって観光が重要だとよく分かった」と語った。

 そして福島第一原発の事故で関心が高まる自然エネルギーについて、「再生可能エネルギーのノウハウについて日本と協力する用意がある」と述べ、デンマークが推進する風力発電などでの技術協力に意欲を示した。(国際部 青木佐知子)

**************

震災後、各国の首相や芸能人等が被災地を訪れている。
有名人だけではなく、海外からの民間のボランティアも多く、草の根の国際交流もある。
ぜひ、この機会に海外のボランティアの方々と国際交流イベントを持ち、特に子供たちに助け合いに国境はないことを感じてもらうことも良いのではないか。
デンマーク皇太子は東北地方の自然に触れ素晴らしいとコメントした。
これがデンマーク語翻訳され、日本に対する風評被害が少しでも減ると嬉しい。
デンマークは風力発電を推進しているとあった。
その技術をぜひマニュアル翻訳技術翻訳してこれからの日本のエネルギー政策に役立ててほしい。

By MT
医療介護CBニュース 6月16日(木)19時23分配信

 東日本大震災は自治体や医療機関、企業による医療ツーリズムの取り組みにも打撃を与えたが、ここへきて復調の兆しも見え始めている。北海道内の医療観光会社が企画している健診ツアーには、7月に中国人5人が震災後初めて参加する見通しで、関係者は本格的な観光回復に期待を寄せている。

■「震災の影響大きい」
 医療ツーリズムは、健診や治療などの医療と観光ツアーを組み合わせたサービス。政府が2009年末に閣議決定した新成長戦略の中で、アジアの富裕層をターゲットにした医療ツーリズムの推進を掲げると、自治体や医療界、旅行業界の関係者らが一斉に注目し始めた。

 自治体としていち早く医療ツーリズムの推進に乗り出したのが徳島県だ。昨年3月には、中国人向け医療ツーリズムのモニターツアーを開催。大学病院での糖尿病検診と県内の観光スポット巡りを組み合わせたツアーが話題を呼び、昨年には中国などから22人が検診を受けた。しかし、震災発生直後からは参加者が途絶えたままだ。県の担当者は「震災の影響は大きい」と話す。

 日本政府観光局の調べでは、日本を訪れる外国人観光客の数は、今年1、2月には前年同月からそれぞれ11.5%増(暫定値)、2.2%増(推計値)とほぼ順調に推移していた。ところが、震災以降は状況が一変。3月の推計値は50.1%減と一気にダウンし=グラフ=、4月には過去最大の62.5%減となった。同局では、原発事故の状況が全世界に刻々と報じられた影響が大きいとみている。

■健診ツアーに中国人5人参加へ
 しかし、ここへきて明るい兆しも表れている。震災から3か月が経過し、徳島県にはツアーへの問い合わせが少しずつ入り始めている。6月には、中国の邵●偉・国家旅遊局長(観光大臣、●は王へんに其)が西日本を訪問した。「こうした動きが観光の回復につながれば」と県の担当者は期待を寄せる。

 メディカルツーリズム北海道(札幌市)では、道内の医療機関と提携し、中国人やロシア人富裕層向けの健診ツアーの提供を昨年10月から始めた。同社でも、震災前に入っていた10件前後の予約がすべてキャンセルされ、ツアー参加者は6月まで途絶えている。坂上勝也社長は「中国国内で日本への渡航自粛が呼び掛けられた影響で、本人が来日したくても周囲に止められるケースが多い」と話す。

 しかし、日本への渡航自粛勧告はその後解除され、7月には中国人5人が震災後初めてツアーに参加する見通しだ。参加者は道内の医療機関で健診を受けた後、関西地方の観光スポットを回る予定という。

■「原発事故の正確な情報公開を」
 恵寿総合病院(石川県七尾市)では、経済産業省の「国際メディカルツーリズム調査事業」に参加し、中国人の健診受診者を昨年から受け入れている。同病院でも、震災以降に途絶えていた海外からの問い合わせが最近、入るようになった。今夏には、県の事業の一環として、中国国内の中規模都市でのプロモーション活動を開始。現地の提携病院も探すという。

 福島第1原発の事故では、東京電力や政府による情報開示の遅れが批判を浴びている。同病院を運営する社会医療法人財団董仙会の神野正博理事長は、「引き続き医療ツーリズムを推進するには、政治の安定と原発事故の正確な情報公開が不可欠」と話している

****************

医療ツーリズムは観光産業の大事な分野である。
国内でもリゾート地での検診ツアーがある。
更に、海外からも、日本のサービスの良い医療に対して需要がある。
しかしながら、東日本大震災で医療ツーリズムも打撃を受けていた。
上記によると対象は中国、ロシアとあった。
ということは、中国語通訳、ロシア語通訳を配し、検診内容や結果等は中国語翻訳ロシア語翻訳するようになっているのか。
医学翻訳 医療翻訳には細心の注意が必要である。
医療ツーリズムに関する中国語ホームページ制作もPRに非常に有効ではないか。
また、パンフレット等を中国語DTP翻訳すれば参加者にも親切である。
これからの医療ツーリズムに期待したい。

By MT
読売新聞 6月16日(木)18時39分配信

 【ジャカルタ=西山幸太郎】インドネシア出張中の橋下徹・大阪府知事が16日、ジャカルタ市内の中高一貫校を視察し、国歌斉唱を披露する一幕があった。

 府議会では3日に教職員に国歌の起立斉唱を義務付ける全国初の条例が成立したばかり。橋下知事はまず、訪問した「ラブ・スクール・ケイバヨラン・バルー・ジャカルタ」で教員や生徒ら約60人を前にあいさつし、「日本では、戦争を思い出すという理由で国歌を立って歌わない教員がいる。僕が立って歌えというだけで、大問題になっている」と話した。学校側から「そんな教員がいたらクビ」との声が上がると、知事は「僕も(別に処分条例をつくって)クビにしようとしている」と応じた。

 教員らは、インドネシアの国歌を全員で歌い出し、橋下知事にも日本の国歌を歌うよう提案。知事は同行した府職員らと一緒に立って君が代を歌った。

 知事は斉唱後、報道陣に対し、「これが普通じゃないですか。日本のばかな主張をしている教員や有識者に、(インドネシアの)こういう現場を見てもらいたい」と述べた。

************

日本の国歌斉唱はいつも学校行事で問題として取り上げられる。
それに対し、大阪府の橋元知事は条例を成立し、訪問先のジャカルタで君が代を歌った。
格安インドネシア語翻訳ガイドが同行していただろうか。
君が代をインドネシア語翻訳すると、インドネシアではどのような反応があるだろう。
君が代は機械翻訳ではニュアンスが伝わらない。
きちんとした翻訳会社に依頼しなければならない。
翻訳や通訳をする際にはその国の文化を知らなければ訳せないこともある。
君が代もどのように訳されるのか興味深い。

By MT
+D PC USER 6月9日(木)11時1分配信

ヤマハは6月8日、歌声合成ソフト「VOCALOID」の新バージョン「VOCALOID3」を発表した。本バージョンからは、楽曲制作ソフト「VOCALOID3 Editor」と歌声のデータベース「歌声ライブラリ」を別々に提供する。楽曲制作ソフト「VOCALOID3 Editor」を9月末に、対応する「歌声ライブラリ」は9月末以降に発売する予定だ。

この製品は、歌詞とメロディーを入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成ソフトウェア「VOCALOID」の最新バージョンだ。「初音ミク」や「がくっぽいど」などが採用する「VOCALOID2」から5年ぶりのバージョンアップとなる。合成音を改良し、より自然な歌声に近づけるとともに、ユーザーインタフェースの改良を行い、ハードルが高いと思われがちな楽曲制作をより簡単に行えるようにしたことが本バージョンの特徴だ。

 VOCALOID3では、合成アルゴリズムの改良し、従来VOCALOIDが苦手としていた「は行」や「ら行」などの音声を滑らかに発音することが可能となった。同様に、早口の合成音も改良された。発表会では、合成音の音程や音色がスムーズに変化することを示すデモを行った。

 楽曲制作ソフトの「VOCALOID3 Editor」のユーザーインタフェースを一新し、従来のピアノロール型のエディタ画面に加え、各トラックを管理しやすいトラックビュー画面を採用した。また、伴奏(オーディオトラック)再生機能も搭載し、合成した歌声と伴奏を同時に視聴できるなど、楽曲製作の効率を高める機能が追加された。「VST Host」機能も追加され、合成した歌声にリバーブなどのエフェクトを付加するなど、DAWがなくても一通りの楽曲制作が行える。なお「VOCALOID2」の歌声ライブラリは「VOCALOID3 Editor」で使用可能だ。

 従来の日本語と英語に加え、新たに中国語、韓国語、スペイン語にも対応する。各国語のライブラリを用意すれば歌声合成が可能になるという。また、ライセンス契約した個人・法人に対して、合成エンジンのAPIを公開する。これにより、新しい歌声合成ソフトウェアの開発が可能になった。対応OSはWindows XP/Vista/7だ。今後、iOSへの対応も予定しているという。

 発表会では、ヤマハ研究開発センター ネットビジネスグループの田邑元一氏がVOCALOIDの今後のビジネス展開を示した。今後、ヤマハはビジネスの領域を広げ、VOCALOIDの認知拡大とともにVOCALOID文化を積極的に盛り上げていくという。従来のソフトウェア関連ビジネスに加え、音楽コンテンツの販売や製作支援、グッズ販売などの分野にも積極的に参入していく構えだ。オンラインショップでの同人作品の取り扱いや、同人即売会への出店も行っていく。

 このVOCALOID3エンジンを用いて、韓国でも今秋に「Korean Vocaloid」が発売する予定だ。発表会には音声提供者であるキム・ダヒーさん(今夏韓国でデビュー予定のK-POPグループ「GLAM」のメンバー)が登場し「Korean Vocaloid」への意気込みを述べた。

*****************

「VOCALOID」を知らなくても「初音ミク」を聞いたことことがある人は多いのではないか。
仮想アイドルが個人の作った楽曲を歌う、と言うのは自己表現の新しい形の一つである。
その「VOALOID」だが、多言語に対応しているとは知らなかった。
英語翻訳中国語翻訳韓国語翻訳スペイン語翻訳で紹介することにより、ユーザーが世界中に広がる。
また、非常におもしろいアイデア商品である。
歌声だけでなく、ナレーション等にも使えるのだろうか。
そうなればナレーター派遣業の新たな手段となるかもしれない。
韓国での発売の成り行きを見守りたい。

By MT
外国語の習得を目指したことはありますか? 今回、22~29歳の有職者女性500人を対象に、「語学に関する調査」を実施したところ、キャリア女性の5人に1人が「中国語の勉強経験あり」と回答。長らく英会話ブームが続いていた日本だが、現在は、今後の需要が見込まれる“中国語の習得”に乗り出している人も少なくないようだ。

________________________________________________________

大きくなっていく中国に注目がされ、中国語を勉強する人が多くなりそうだ。
どんどん世界化になっていくため、
英語翻訳の勉強は基本としてスペイン語翻訳の勉強, ポルトガル翻訳の勉強をしたい人が増えるかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。