上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.3.26 05:00 SankeiBIZ

前回は「しゃべり過ぎ」の通訳、「省略が多い」通訳は要注意だと指摘した。もう1つ、注意しなければならないのは、「聞き返さない」通訳である。

 わからない単語や聞き取れない言葉があったとき、それを飛ばしてしまったり、ごまかしたりする通訳がいる。あるいは自分勝手に解釈したりする。

 「聞き返すことが恥ずかしい」とか、「メンツに関わる」と考えているのだろう。だが、そんなことではまともな通訳ができるわけがない。わからない内容を聞き返さない通訳は要注意だ。

 従って、通訳を選ぶときのチェックポイントの1つは、わからない言葉があった場合に「聞き返し」をするかどうかである。わからない言葉や理解が難しい専門性の高い内容があったときにきちんと「聞き返し」ができるかどうか。

 これは通訳の資質の問題である。通訳としての自覚と責任感、さらには人間性にも関わってくる。

 「聞き返し」ができる通訳はクライアントに大きな安心感を与える。どんなに語学力が優れていてもクライアントに不安な気持ちを与えるような通訳は「プロとして失格」である。

 また、次のような点もチェックしたい。第1に、話し手が話しているときにちゃんとメモを取っているかどうか。メモも取らないような通訳は要注意である。

 第2に、話し手の話がつい長くなってしまったときに、通訳は話し手に対して声をかけて訳すべきポイントの確認をする必要があるが、それができるどうか。

 時には通訳が話し手の話を遮ってしまうこともあるかもしれない。しかし、これは逐次通訳をする上で重要なポイントだ。

 第3に、自分の意見と、訳すべき内容の区別がきちんとできているか。勝手な解釈をしたり、自分の意見を交えて訳したりする通訳もいるので要注意である。

 もう1つ付け加えれば、クライアントに対する配慮や気配りができること。これがよい通訳といえるだろう。

 以上の点を、ぜひ通訳を選ぶときの基準にしていただきたい。通訳を選ぶ基準は決して語学力だけではない。

 そして、もし同じ地域に出張することが多い場合は、毎回指名する通訳を決めておくことをお勧めする。安心して仕事が任せられる通訳は中国ビジネスでの力強い「戦力」となるからだ。

************************

前回のブログで紹介した記事の続きである。
「聞き返し」ができる通訳者が大事だとある。
確かに通訳に限らず、私も「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と知りながらもなかなか相手に聞き返すことができないことが多い。
メモも然りである。
まさに通訳者の技能ではなく人間性の問題だ。
私も肝に銘じて行動したい。

By MT

スポンサーサイト
2012.3.5 05:00 SankeiBIZ

ビジネス折衝や交渉での通訳選びは慎重に行いたい。通訳は最高の味方であり、最強の戦力である。通訳の善しあしが折衝や交渉を左右すると言ってもよい。まず通訳を選ぶときに注意すべき3つのポイントを取り上げたい。

 通訳選びでまず注意したいのは旅行社のガイド通訳である。スケジュールアレンジや道案内を兼ねて通訳を旅行社のガイドに頼むケースがある。この場合、折衝や交渉に関わる専門用語に関して十分な理解があるかどうかをチェックしてから通訳を依頼すべきである。

 確かに旅行社のガイドは流暢(りゅうちょう)な日本語を話す。気配りも一流だ。しかし、「日本語ができる」ことと、「ビジネス通訳ができる」ことは別である。ビジネス折衝や交渉の通訳は、通訳業務を専業としている専門の通訳(プロの通訳)に頼む必要がある。

 誤解を恐れずに言うと、「日本語がうまいから」という理由で旅行社のガイドに通訳をお願いすることは危険である。旅行社のガイドにも優秀な方がたくさんいる。語学力のレベルを疑うつもりはない。しかし、ビジネス折衝や商談のスキル、専門知識、ビジネス通訳としての責任の自覚、これらを備えているかどうかしっかり見極めた上で依頼すべきである。仮にガイドが好意で引き受けてくれたとしても責任の所在は明確にしておくべきだろう。

次に注意したいのは、学生アルバイトやボランティアの通訳である。「中国に留学している日本人留学生」「日本で日本語を学んでいる中国人学生」「現地に長く住んでいる日本人」など、アルバイト程度の費用やボランティアで通訳を依頼するケースがある。

 しかし、旅行社のガイドと同じように、単に「中国語が話せるから」「日本語ができるから」といって安易に通訳を頼むのは危険である。大切なのは通訳としての「折衝能力」「主張する力」である。

 学生であれば当然ビジネス経験はないはずである。仮にあったとしても多くはない。通訳としての経験やその分野での専門知識をチェックしてから依頼すべきだろう。

 また、本人が好意で引き受けてくれたとしても報酬は払うべきである。それによって責任が明確になるからだ。次回は注意すべき点の3つ目に触れたい。通訳選びで絶対にやってはいけないことを取り上げる。(TCA駐日代表・吉村章)

***********************

確かに通訳の良し悪しで結果は大きく変わる。
観光なら笑って済むだろうが、ビジネスだとそうはいかない。
会議での折衝や交渉が済めば契約書を交わすことになる。
専門の通訳者であれば、その際に必要な金融法律に関わる注意事項も経験として知っているだろう。
通訳選びも「安物買いの銭失い」にならないようにしたい。

By MT
Computerworld 3月26日(月)14時50分配信

 “新iPad”のリリースから1週間を経た時点で、すでにインターネットに接続しているiPadのうち約15台に1台が新iPadになったことがわかったと、モバイル広告ネットワークChitikaが3月23日に発表した。

 Chitikaは定期的に自社の広告用ネットワーク上でデータ・マイニングを行い、デバイスやブラウザの使用パターンを分析している。同社いわく、過去24時間の間にChitikaのシステムを経由した全iPadのトラフィックのうち、6.6%が新iPadのものだったという。


 3月16日のデビュー以来、新しいiPadがAppleタブレット全体の数に占める割合はゆっくりと増加している。新iPadの1時間あたりシェアは、3月17日の早い時間では最高5%だったところ、3月20日に9.9%まで上昇したという。

 Chitikaの測定値――今回の場合は新iPadと先行する2モデルを比較した値――はデバイスのインストール・ベースとただちに一致するわけではないが、Appleが公表している数字を参照するに、同社が割り出したシェアはおおよそ想定の範囲内に収まっている。

 Appleは先週初め、発売後最初の週末に新しいiPadが300万台売れたと述べていた。これは、2011年12月31日までに同社が販売したiPad5,530万台の5.4%に相当する。

 23日には、オーストリア、チェコ共和国、フィンランドイタリア、メキシコ、オランダポーランドスペインなどを含む25か国でも新iPadが発売され、同デバイスが流通している国の数は全部で35まで増えた。

 米国や英国、フランスドイツといった16日に新デバイスがリリースされた国における出荷の遅れは、現在1~2週間だという。発売直前は2週間から3週間ほど納期が延びるとのことだったので、それよりは出荷のタイミングが約1週間早まったことになる。
(Gregg Keizer/Computerworld米国版)

**************************

新しいiPadに興味津津だが、慎重派の私としては新商品はある程度発売から時間が経ってからでないと購入しようとは思わない。
ところが、新iPadはこれまで販売したiPadの15台に1台になる計算だという。
新しい物は誰よりも早く手に入れて試す人、新iPadが本当にこれまでのものより良くなっているという証拠なのだろうか。
私も電器屋に新iPadを見に行こうか。

By MT

レスポンス 3月26日(月)16時24分配信

バンコクモーターショー12が26日、開幕した。26日はVIPデー、27日がプレスデーで一般公開は28日から。

トヨタは『FT-EV III』を披露し、ホンダは『オデッセイ』『ステップワゴン』の投入を発表する予定。日産は『マーチ』のニスモコンセプトと『TOWNPOD』を出展した。三菱自動車は『ミラージュ』を各色並べてアピールするなど、各社多様な出展となった。

これまでピックアップトラックが目立っていたタイだが、政府によるエコカープロジェクトの実施なども背景に乗用車の普及が進む。今回のモーターショーで、いすゞはピックアップトラック『D-MAX』をメインに据えるが、その他各メーカーではEVから小型車まで、乗用車を出展、コンセプトを強調する姿勢が目立つ。

《レスポンス 土屋篤司》

************************

洪水で多くの工場が閉鎖していたタイだが、日本企業も工場を再開した。
タイの自動車半導体の技術はすばらしく、工員を日本に呼んで作業をさせる企業もあった。
それを乗り越えての工場再開を応援したい。
そしてバンコクで自動車の国際見本市であるモーターショーが開催され。更に復興ムードに華を添える。
記事にあるようにアジアの車といえばピックアップトラックが思い浮かぶが、乗用車の普及が進んでいるという。
様々な乗用車のカタログに未来のマイカーを夢見るのだろう。
でも、バンコクでエコカーが走る姿が想像できないが。。。

By MT
米Google社や米Microsoft社は、リアルタイムで自動通訳を行うシステムの研究を続けている。そうしたシステムができれば、チャット・プログラムに組み込んで中国人と会話したり、外国のレストランでウェイターが読み上げるメニューを理解するなど、便利な使い途がたくさんあるからだ。

Microsoft Researchはこのほど、話者の言葉を聞いてリアルタイムで出力する通訳システムのプロトタイプのデモを行った。話者特有の抑揚やイントネーション、アクセントを維持したまま、話された言葉をスペイン語や標準中国語などにするシステムだ。ユーザー・データの十分な蓄積に約1時間の音声を必要とするが、その結果、気味が悪いほど自分に似たデジタル音声が、別の言語でしゃべり始める。

システムの入り口は音声認識ソフトだ。それを『Bing』で翻訳し、テキスト音声変換の技術を使って声で出力する。その際、難しいのは声をパーソナライズする部分だ。記録された母語の音声は5ミリ秒の塊に分解される。それぞれの音は再び組み合わされ、ターゲット言語のプログラムの訓練に使われる。

Microsoft Researchは『2012 TechFest』で、この通訳システムのデモを披露した。まず最高研究責任者であるリチャード・ラシッドによる挨拶を通訳し、さらにクレイグ・マンディ最高研究戦略責任者の通訳をやって見せた。

通訳に必要なレファレンスの構築に長い時間がかかるなど、改良点はまだたくさんあるが、デモのビデオ(12分ごろから)が示すように、技術は実を結びつつある。

*********************

翻訳、通訳の機械化は日々進化し続けている。
機械翻訳だけでも便利だと思っていたのだが、リアルタイムの同時通訳をプログラムが行う日がくるようだ。
それも声まで自分に似ているという。
これまでは味気ないナレーターの声が一般的であり、最近は「初音ミク」のようなアイドルが登場したが、いよいよ自分の声となると実際気味悪く感じるかもしれない。
多言語化も進み、いつの日か私の声がカンボジア語を話すこともあるかもしれない。

By MT
ITmedia eBook USER 3月19日(月)10時50分配信

 3月15日、Kindle for iOSのアップデートがあり、バージョンが3.0となりました。アップデートのDescriptionを見ただけでは分かりませんでしたが、@takada_さんのツイートで辞書機能が日本語に対応したことが判明しました。New iPad(第3世代)の発売に併せてRetina Display対応かと思われましたが、そちらよりもはるかにうれしい日本語辞書対応です。

 適当なデータを開き、単語を選択すると、下側に「辞書をダウンロードする」というポップアップメッセージが出ますのでそのままダウンロードします。Wi-Fi環境なら30秒程度で完了します。

画像:新デザインのライブラリ、ほか(http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1203/18/news004.html)

 ダウンロードが完了すると……。キター! 詳細な定義も参照できます。

 辞書を変更したいときは単語のポップアップ表示の右上にある“i”をタップして切り替えたい辞書を選択します。

 サポートされている辞書は、オランダ語、英語(UK)、英語(US)、スペイン語フランス語イタリア語ポルトガル語、日本語(日英)、日本語(いわゆる国語辞典)、となりました。

 え? 日本語……? そう。できちゃうんです。例えば、日英辞書で不明な語句を国語辞典で調べるなんてこともできちゃいます!

 まだかまだかと囁かれるKindleの日本進出もいよいよ佳境に入ったということでしょうか。しかし、ここまで日本語対応するのであればKindleデバイス側のアップデート対応があると予想されます。というか、そもそもKindleデバイスは必要なのかという……。

●New iPad(第3世代)でも試してみた

 先ほどと同様、語句を範囲選択して英和辞書のデータをダウンロードします。完了すると対応する定義が表示され、さらに全文表示をして実際の辞書のようにペラペラとめくることが可能です。

 国語辞典も同様にダウンロードすると定義が表示されます。なお、辞書の切り替えはiPhoneと同じです。

 英和辞書は熟語に対応していないのかもしれません。英英辞書だとちゃんと表示されます。[代助,ITmedia] .最終更新:3月19日(月)10時50分

***********************

前回の語学学習ツール値引きに続き、これも良いニュースではないだろうか。
しかしKindle自体がどの程度日本に浸透しているのだろうか。
これからの展開に期待したい。

By MT
オリコン 3月20日(火)10時0分配信

 学研ホールディングスは19日、デジタル語学コンテンツの割引キャンペーンを発表した。割引対象商品は同グループ各社が発売している電子書籍、iPhone・iPad対応のアプリ、ニンテンドーDSソフトで、入門者向けからビジネス向け、TOEIC向けなど幅広く商品を揃える。

 電子書籍は『英検2級』(通常1300円 → 600円)、 『1時間でハングルが読めるようになる本』(通常850円 → 350円)など7作品が割引対象商品で、アプリは『TOEIC Test』シリーズをはじめ、中国語韓国語タイ語フランス語イタリア語スペイン語など19作品の語学アプリが半額程度に。ニンテンドーDSソフトは、『中国語三昧DS』『えいご三昧DS』『学研 ヨーロッパ4ヵ国語三昧DS』など8作品(各3990円・小売価格)のうち2作品をAmazonで同時購入することで300円引きとなる。

 「新しい自分に、Let's TRY! 期間限定【デジタル語学】チャレンジキャンペーン」は4月9日(月)まで実施される。

******************

語学学習をするのに嬉しいニュースだ。
電子書籍やアプリは半額以下だし、あまり値が下がらないDSソフトも値引きとなる。
新しいことを始めたくなる4月。
この割引キャンペーンを利用して語学学習を始めてみませんか。

byMT
2012/02/29(水) 13:01 サーチナ 

今後も続伸が期待される訪日外国人の増加を見越して、大阪の医療の国際化を考える「国際医療サービスシンポジウム」が2月9日、大阪市北区のホテルエルセラーン大阪で開かれた。医療関係者や旅行会社などから約200人が参加し、国際医療推進への課題と方向性を考えた。

  横たわる「言語・文化・制度」の壁大阪の国際医療推進を考える大阪府と大阪市、大阪観光コンベンション協会がつくる同シンポジウム実行委員会が初めて開催。インバウンドに加え、外国人居住者も増えていることから、医療健診ツアーや外国人患者の受入体制、医療通訳など様々な視点で現状を把握し、医療の国際化を考えようと企画した。

  関西医科大学教授の西山利正さんは観光庁の「インバウンド医療観光に関する研究会」のメンバー。この日は訪日外国人が安心して受けられる医療サービスと医療健診ツアーについて論じた。

  西山さんは国際医療推進の課題として、まず医療インフラの整備を挙げる。外国人医療には外国語対応や文化の違い、医療保険制度の違いなどの問題が大きな壁となっており、「例えば、スムーズに受診できる『トラベルクリニック』などを関係省庁の連携で整備すべき」と指摘。さらに、言語や文化の違いに対応できる医療通訳の育成やスキルアップへの取り組みの重要性を訴えた。

  また、インバウンド拡大の1つの手段として期待されるメディカルツーリズムの将来性も分析。高度先進医療やガン治療、インプラント、美容外科、健診、化粧品・薬剤購入など多岐にわたる分野だが、西山さんは、健診分野について中国は大きな市場と見る。

  「中国でも予防医療への意識が芽生え、設備は揃ってきたので数年で追いつかれるかも。しかし技術は日本が高い。富裕層向けに旅行と健診のパッケージを提案し、活路を見出したい。それこそが、成功へのカギ」

  しかし、医療観光は日本の国際観光のランドマーク的存在になりうるが、収益的に期待するものではないとも指摘。文化や保険制度の違いなど課題を挙げながら「メスを用いない『低リスク低コスト領域』から推進していくのが現実的だろう」とまとめた。

  続いて大阪府医師会理事の高井康之さんが、営利目的での医療ツーリズムの行き過ぎた推進は日本独自の医療保険制度に悪影響を及ぼすと警鐘を鳴らした。大阪府歯科医師会理事の河村達也さんは、歯科においては、長期にわたるインプラントなど期間の問題や通訳、情報提供など整備項目が多く、「現時点では実施困難」と報告した。

  実際に外国人医療に先進的に取り組んでいる大阪府泉佐野市のりんくう総合医療センター健康管理センター長の南谷かおりさんは、その現状を紹介。同センターでは2006年に国際外来を開設し、医療通訳者約60人採用したほか、スタッフには営業研修、通訳者には医療知識教育を施すなど受入体制の整備を図っている。そんな同センターの南谷さんも「言語、文化、制度が推進への大きな壁」と語る。

  「医療用語や慣習を直訳すると通じない」「宗教上の問題や国ごとの治療方針の違い」「旅行保険は大半が立て替え払いで問題が生じる」などの例を挙げながら、外国人医療の難しさの実態を伝え、壁を乗り越える取り組みの重要性を訴えた。(情報提供:トラベルニュース

***********************

居住外国人、外国人観光客の増加、更には医療ツーリズムと、医療における多言語通訳、多言語翻訳の重要性が高まっている。
特に、観光の新機軸として期待されている医療ツーリズムでは近隣諸国、特に中国がターゲットとなりそうだ。
そのためには中国語通訳、中国語翻訳が需要となる。
医学翻訳は専門性が高いため、機械翻訳では対応しきれない。
また、記事にもあったように宗教、文化、旅行保険など医学分野以外で考慮しなければならないことも多い。
タイトルの通り外国人が「安心して旅できる日本」つくりを推し進める必要性を感じた。

By MT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。