FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Record China 12月5日(月)13時32分配信

2011年12月2日、英紙タイムズは、アジアの民間航空業界は今後10年間にわたり年9000人のパイロットが不足するとの国際民間航空機関(ICAO)による試算を報じた。BBC中国語サイトが伝えた。

アジア全体のパイロット育成能力は年間5000人だが、需要は1万4000人。毎年9000人が不足する計算となる。今後20年間でアジアは計22万9676人のパイロットを必要としている。2010年時点でのパイロット数は5万344人。

航空安全財団のウィリアム・ヴォス総裁は「20億人が中産階層に参入し、航空機に乗るようになる。人類史上初の事態がついに到来する」とコメントしている。

インドではパイロットを確保できなかった航空会社が、虚偽の証明書で当局を騙し、無資格者に操縦させるというスキャンダルも起きている。また先日、日本・関西空港では、管制官の指示を待たずして中国東方航空機が離陸するという事件も起きたが、英語力の低さが要因になったと見られている。(翻訳・編集/KT)

*********************

日本でもLCCが各地に乗り入れたり、LCC自体の設立があるなど航空業界に変動がある。
飛行機を利用する人が増え更なる需要が生まれることと関係があるのだろう。
そんな中、パイロット不足とはゆゆしき事態である。
すでにインドでは無資格者に操縦させたとある。
もしその飛行機に乗っていたらと思うと背筋がぞっとする。
何もトラブルなく無事だったのだろうか。
また、関空では英語力に問題がある中国の航空会社が勝手に離陸したとある。
インドはヒンディー語だが英語も公用語のためパイロットの英語力の問題はないかもしれない。
しかし、中国のパイロットは英語力がなければ海外でコミュニケーションがとれず、事故やトラブルの原因となる。
航空に関する英語は専門的で技術翻訳マニュアル翻訳等大変なのかもしれない。
が、ぜひ安全な運行のために気を付けて頂きたい。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。