FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジサンケイ ビジネスアイ 12月2日(金)8時15分配信

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」を運営するモスフードサービスの桜田厚社長は1日、3~5年後に仏パリに出店し、欧州に進出する考えを明らかにした。また、期間限定の大型商品を日本を含むアジア・オセアニア地域の約1600店でほぼ同時期に発売し、世界での認知度アップを図る方針を示した。

欧州進出の考えは、東京都品川区の本社で開いた新製品発表会後、記者団に述べた。

 モスバーガーは日本国内で1368店、台湾、シンガポール、オーストラリアなど海外に269店を展開。海外の店舗を2019年度までに1800店に増やす計画を打ち出しており、欧州にも進出する。来春には韓国に1号店を出す予定で、桜田社長は「日本発祥の外食チェーンとして初の世界ブランドを目指す」と強調した。

 「世界同時発売キャンペーン」と銘打ち、年末年始にかけて各国の店舗で順次発売するのは、国産牛肉を使った高価格帯のハンバーガー「とびきりハンバーグサンド」シリーズの新商品「金のテリヤキ」。定番のテリヤキバーガーよりひと回り大きいサイズで、ハンバーグや目玉焼き、トマトなどを挟んでいる。

 日本では26日から売り出し、3月中旬まで販売する。価格は490円。

**********************

私もモスバーガーが大好きである。
海外にもすでに269店舗あるとは驚いた。
私が学生の頃アメリカにホームステイした先がモスバーガー家であった。
日本にも同じ名前のハンバーガーショップがあると話したが、知らなかったのでその時点ではまだアメリカになかったのだろう。
海外ではどのサンドが人気なのだろうか?
もちろんライスバーガーもあるのかな?
大好きなモスバーガーのラインナップが英語中国語韓国語等に翻訳されて販売されているのを見てみたい。
パリを皮切りに欧州進出とある。
ファーストフードとは異なるモスバーガーは欧州でもぜひ受け入れられると良いな。
まずはモスの理念をフランス語翻訳して伝えないと、商品が遅い店とされてしまってはいけない。
いつの日か、海外旅行に行ってもついモスに寄ってしまう日が来るかもしれない。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。