上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日新聞 12月23日(金)14時47分配信

 来年1月18日に中国・上海の格安航空会社(LCC)「春秋航空」が佐賀-上海便を就航するのに合わせ、県は21日、佐賀空港で中国人にサービスする通訳の研修会を初めて開いた。
 通訳者に応募した13人が参加。機内持ち込み荷物の案内手順や、保安検査時の注意点などを確認した。
 台湾出身の山口姿良さん(51)は「佐賀と一番近い中国の大都市・上海が更につながるように頑張りたい」と意気込みを語った。
【田中韻】

******************

LCCが続々と日本に就航している。
多くの外国人観光客が日本に訪れるよう期待したい。
1月には佐賀ー上海便就航とある。
中国人旅客のために空港内に中国語ナレーションやパンフレットを中国語DTPするなどの準備も必要であろう。
今回通訳者に13人が応募したとあるが、佐賀空港において中国語ナレーターとしての仕事もあるのではないだろうか。

by MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。