FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産経新聞 1月3日(火)12時10分配信

 新郎は大手電機メーカーに勤めるサラリーマンだった。新婦は中国系米国人。2人は新郎の米国出張の際に知り合ったという。

 出席者の半数は米国人。会場には通訳が入るという披露宴は、500回近いキャリアのあるブライダルMC、石原和歌子さん(32)にとっても初めての経験だった。

 打ち合わせの時から不安があった。新郎の両親は厳(おごそ)かな、ある意味では標準的な挙式と披露宴を希望していた。それを新郎が説得した。

 「セレモニーはゲストが喜んでこそ意味がある。型にはまらないお祝いの場にしたい」

 両親は、会社の上司や同僚が数多く来る披露宴の意味を訴え、時々、石原さんに同意を求めた。新婦は口数少なく、新郎の言葉に相づちを打つ程度。その姿に、奇妙な心理が石原さんに芽生えた。「2人の味方をしたいなあ」。

 結局、宴はダンスパーティーになった。会場の中央に広いスペースを作り、ファーストダンスを新郎新婦が踊った。タンゴだった。2人の息がぴたりと合っていた。

 後は2人が選んだBGMに合わせて、踊れる人が踊るというスタイル。踊れない人は手拍子を取り、体を揺すっているだけの人もいる。みんなが笑顔。それも、とてもフレンドリーな笑顔だと石原さんは感じた。

 「この場を楽しもう。2人を祝おうという空気があふれていました。お祝いってこういうものだ、と再認識したような気になりました」

 挙式当日、ぜひ代読してほしいと手紙を託された披露宴もある。新郎の母が、息子への気持ちを綴(つづ)ったものだった。小学生のころから野球に明け暮れた息子におにぎりを持たせ続けた思い出や、甲子園出場を一緒に夢見た幸せ、反抗期らしきものがなかった子供時代のことなどがぎっしり書かれていた。

 気持ちがあふれて、書くだけで精いっぱい、とても自分では読めないと母は言った。その心情は、息子の名前を10回以上も呼びかける文面にもあふれていた。

 「お気持ちを受け取りました。私として、精いっぱい頑張って読みます」

 実際は、読むというものではなかった。新郎の顔を見つめながら、石原さんは語りかけた。そうでなければ母の心情が伝わらないと思ったからだし、そのために文面を覚えるぐらいに下読みした。

 家族の価値観の違いや思惑が、思いがけずもぶつかるのが結婚である。日ごろは見せない家族の真情があふれ出すのも結婚だ。

 「披露宴は大体2時間半ですが、そこに思い出や感謝、誓いといったものが凝縮される。その場に準備の段階から関わらせてもらい、一緒に思い出を作らせてもらえるんですから、一番幸せなのは私かもしれませんね」

 500組近いカップルを新生活に送り出したのだから、最近の結婚事情はよくわかる。大別すれば、2タイプ。20歳代前半のカップルはほぼ間違いなく、授かり婚。あとは30歳代で、35歳までにはとりあえず結婚したかった、という声をよく聞く。早婚か晩婚という傾向で、20歳代後半のカップルは本当に少ない。

 プロポーズのシーン、言葉がなかったというカップルが5割近いのも驚いていることだ。それ故にか、女性上位。打ち合わせでは女性が生き生きとして、衣装や演出を選ぶ。対照的に、男性は人ごとのように聞いている。

 「それでも式と披露宴が進むにつれ、顔つきや雰囲気が違ってくるんです。守るべき人ができて強くなるというか、新しい人になるというか。緊張していた新郎でも、ピリピリ感が消えて落ち着きが出る。背負っていくものができた人生はまた、違ったものなのかなと思います」

 その結婚に、石原さん自身はなかなか踏み切れない。見合いを盛んに勧める両親にまだ、色よい返事をしていない。

 小さいころから世話好きの性質(たち)だったことが影響しているかもしれない。母親の友達が遊びに来れば、母親より先にお菓子を出そうとするような子供だった。適当なお菓子がなければ、食パンを焼いてでも出そうとした。

 「おもてなししようとしたんでしょうが、食パンなんて恥ずかしいですよね。お節介なぐらいの性格なので、この仕事が向いているんだと思います。そうでなければ、旅館の女将さんかな」

 交際相手のいない若者(18~34歳)は男性で61%、女性で49%という非婚の時代。石原さんのお節介で、幸せへ送られる人が増えることを願いたい。

(安本寿久)

**********************

結婚式、披露宴も現在では様々なスタイルがある。
しかし、ダンスパーティ形式とは初めて聞いた。
国際結婚で通訳が入る披露宴とのこと。
当日は進行を英語翻訳したり、よくあるなれそめビデオに英語ナレーションがつくなどと大変だったであろう。
結婚する人が減る一方の日本だが、結婚に踏み出せない理由はなんなのか。
日本の行く末が不安である。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。