FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nikkei TRENDYnet 1月11日(水)11時8分配信

アジア各国でエンターテインメントコンテンツの“ポスト韓流”をめぐる動きが拡大している。日本でかつてないほどのブームとなっている韓流ドラマの人気は、アジアさらには中近東やアフリカまでに広がっており、エジプトでは、視聴率が70%を越えた作品もあるほど。韓国に続けとばかりに、ドラマなどのエンタメ作品のアジア全域ヒットを狙おうというのだ。

中国で大人気のタイドラマ、ドラマの人気で観光客誘致を狙う

 2011年8月、“ポーン“の愛称で呼ばれる、タイの俳優ナワット・クンラットナラック氏のファンミーティングが中国の上海と北京で開かれた。中国では、彼が出演するドラマ「エアホステス~天使のラブウォーズ~」が人気を集めた。空港ではファンが“出待ち”し、ファンミーティング会場もそれぞれ500人以上が集まる盛況を収めた。

 「エアホステス」は、パイロットとキャビンアテンダントの間で繰り広げられる恋愛ドラマ。と書くと、韓国ドラマのような淡いラブストーリーを思い浮かべるかもしれないが全く異なる。制服を着たキャビンアテンダントが殴りあい、パイロットとキャビンアテンダントが不倫する……。あまりに過激な内容のため、タイでの放送当時には「航空会社のイメージを傷つける」とタイ国際航空労働組合からクレームが入り、放送中止の危機におちいったいわくつきの作品だ。だが、この過激な内容が中国では受けており、出演者のなかでも甘い顔立ちのポーン氏はファンクラブが設立されるまでの人気ぶりだ。

 タイ政府では彼の人気に目をつけ、2011年9月と10月にタイでもポーン氏のファンミーティングを開催。バンコクとパタヤでそれぞれ2回ずつ開催し、中国から各回500名のファンが参加した。

 タイ政府は、映画のプロモーションも取り組んでおり、国際映画祭に積極的に参加している。東京国際映画祭でも、毎年、タイ文化省がブースを設け、タイの映画やドラマをセールスしている。タイ政府観光庁・国際市場担当副総裁のサンスーン・ガオランシー氏は、「ドラマなどのエンタメは、タイのファンを獲得できる有効なツール。韓国のように、エンタメを通じて観光客を獲得したい」と語る。

“華流”が韓国化? 韓国人俳優起用が続く台湾ドラマ

 華流と呼ばれ、日本においては韓流ドラマよりも早く人気を集めた台湾ドラマ。「花より男子」は、日本・韓国よりも早い2001年に「流星花園」のタイトルでドラマ化され、アジア各国でヒットした。しかし、最近では韓国ドラマの勢いにおされ気味。日本では、目立ったヒット作品がでていない。

 そんな台湾のドラマで最近増えているのが、韓国人俳優の起用。「美男(イケメン)ですね」の女優パク・シネや、韓国版「花より男子」の女優ク・ヘソンなど、女優の出演が続いていたが、2011年12月18日から放送が始まったドラマ「スキップ・ビート! (原題:SKIP・BEAT 華麗的挑戦)」には、日本でも人気のK-POPグループ、SUPER JUNIORのシウォン&ドンヘが主演する。K-POPアーティストは、ドラマ同様アジア各国で人気。SUPER JUNIORも、放送直前の2011年11月26日、台湾南部の高雄で開催された2AMなどとの合同イベントでトリをつとめ、観客を熱狂させた。

 韓国人俳優の起用することで、韓流ファンの注目を集めるのが大きな狙い。日本における韓国ドラマと台湾ドラマのファンは層が近い。日本でも台湾ドラマの人気が再び高まりそうだ。

アジア各国の俳優を集結して海外進出を狙う中国作品

 中国では、アジア各国の俳優が出演する歴史ドラマが制作された。2012年2月から日本でのDVDレンタルが始まる「恕の人―孔子伝―」だ。主役の孔子を演じるのは台湾の俳優ウィンストン・チャオ。このほか香港のロー・ガーリョン、韓国の女優イ・ジョンヒョン、そして孔子の愛弟子・顔回役には、いしだ壱成がキャスティングされた。

 「孔子は中国の人物であると同時に、世界で認知される人物でもある。日本や韓国など海外の俳優を起用することで、テーマの一つでもある“国際性”を表現できると考えた。また、海外の俳優の起用は、この作品が海外に進出する際の大きな手助けになると信じている」(監督のハン・ガン氏)。

 いまや、アジアは大きな一つのマーケットになりつつある。K-POPでも、中国や台湾出身者をとりいれたグループが増加。先のSuper Juniorは、派生ユニットとして既存メンバー5人と中国出身の新規加入メンバー2人の計7人による「Super Junior-M」を結成。また、今年3月に日本でのデビューが予定されている女性5人組K-POPグループの「f(x)」は、韓国籍が2人、韓国系アメリカ人、台湾系アメリカ人、そしてリーダーは中国人と多国籍。どちらも、アジア全域で高い人気を集めている。

 W-indsなど、日本でもアジアでの活動に力をいれるグループはいるが、他の国と比べるとその動きは少ない。アジア市場への参入は、低迷が叫ばれる日本のエンタメ業界復活のキーワードのひとつになりそうだ。

(文/羽田 健治=日経トレンディ)

*****************

タイの激しい内容の「エアホステス」。
ちょっと見てみたい。
映像翻訳されないかな。
アジア各国で多言語翻訳されたドラマや歌が行き交っているのだなぁ。

By MT



スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。