FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
japan.internet.com 1月10日(火)13時2分配信

音声認識技術を手がける米国 Nuance Communications は2012年1月9日、米国 Intel が提唱する軽量/薄型モバイル パソコン「Ultrabook」への音声認識機能の搭載に向け、戦略的提携を結んだと発表した。両社は各種 Ultrabook で音声による制御を行えるようにするため、技術面で協力していく。

Nuance は音声認識技術「Dragon Technology」を Intel へ提供するとともに、「Intel Core」プロセッサと Ultrabook への最適化に取り組む。Ultrabook の操作が音声コマンドで行えるようになると、アプリケーション起動やメディア再生、SNS アクセス、メール利用といった作業が簡単かつ素早くできるという。

両社は、Dragon の各種機能を利用するためのソフトウェア開発キット(SDK)も提供する予定。この SDK を使うと、音声対応アプリケーションを作ってアプリケーション ストア「Intel AppUp Center」で配布/販売するといったことが可能になる。同 SDK の対応言語は、当初フランス語イタリア語ドイツ語スペイン語英語/米語、中国語(北京語)、日本語、ブラジル系ポルトガル語など。

なお Ultraboook は、Intel が2011年5月に提唱した新たなタイプの消費者向けパソコン。ノート パソコンの性能/機能とタブレット端末の操作性を薄型/軽量ボディで提供するモバイル デバイスという。Intel は Ultrabook 向け技術の革新を促すため3億ドルの基金を創設するなど、推進に力を入れている。複数のハードウェア ベンダーが製品化したが、今のところ売り上げは目標に達していない。ただし米国 DisplaySearch は、今後 Ultrabook の人気が高まり、2017年には年間出荷台数が1億8,000万台に達してノート パソコン市場の牽引役となると予測した。

*****************

タッチのパソコン、携帯が普通になってしまったが、お次は音声認識なのか。
90を超えた祖父とメールのやりとりをする。
パソコン操作が大変だろうからとタッチ機能のパソコンに変えようと聞いたが、慣れているやり方が良いと言われてしまった。
音声認識なら祖父にも使えるかもしれない。
誰にでも操作が便利なパソコンの登場が待ち遠しい。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。