上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サンケイスポーツ 2月1日(水)7時51分配信

サッカー女子でフランスリーグの強豪・リヨンに加入するFW大滝麻未(22)=早大=が31日、東京・新宿区の早大で会見。日本女子代表MF沢穂希(33)=INAC神戸=が受賞した「FIFA年間女子最優秀選手」と、ロンドン五輪代表入りを目標に掲げた。契約期間は13年6月末までの1年半で、背番号は「22」。高い志を胸に、なでしこチャレンジ合宿(10~13日、和歌山県内)に参加し、14日に渡仏する。

 1メートル72の長身美女、AKB48のメンバーを思わせる大滝が、会見ででっかい目標をぶちあげた。

 「世界最高のチームで世界最高のプレーヤーになりたい。バロンドール? 取りたいですね。沢さんが獲得して、日本人でも取れるんだと思いましたから」

 30日に正式契約を終えて、すっきりした笑顔ながら、その目は真剣だった。アジアで初の栄光に輝いた日本の女王に追いつけ、追い越せ。その気持ちが大滝の原動力だ。

 大学4年間で急成長を遂げた。今季は関東大学女子リーグなど30試合で45得点。昨年8月のユニバーシアード(中国・深セン)では7得点で得点王に輝いた。高さと、相手選手を背負いながらターンするプレーを武器に得点を量産した。

 まだA代表の選出歴はない。「少し、調子に波がある」と関係者は指摘したが、大滝本人は「ゴールへの感覚では、なでしこジャパンのFWにも負けていない。(男子)日本代表FWの岡崎さんのように最後まであきらめない泥臭さを磨けば、もっと成長できる」と強気だ。リヨンの1トップは1メートル79と大型のスウェーデン代表FWロッタ・シェリン(27)。それでも「(ライバルは)1人だけ。私にもチャンスはある」とレギュラー獲りに燃えた。

 「まずはフランスで結果を出して、ロンドン五輪に出場したい」

 ビッグマウスを有言実行。日本の新戦力が本場・フランスに挑む。

*********************

なでしこジャパンの活躍で一躍話題となった女子サッカー。
澤選手に続く将来有望な選手の登場である。
女子サッカーと聞くとアメリカが思い浮かぶが、欧州でも盛んであり昨年なでしこジャパンが優勝したFIFA女子ワールドカップではドイツ、スウェーデン、フランスノルウェーが参加していた。
フランスでの大滝選手の活躍に期待したい。

byMT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。