FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Record China 2月7日(火)19時9分配信

2012年2月6日、新華網によると、英デイリー・メール紙は同3日、ロンドン五輪記念グッズの9割以上が海外で生産され、6割以上は中国製だと伝えた。ウェッジウッド、ロイヤルドルトンなど国を代表する有名メーカーのティーポットやカップも海外製と分かり、英国内に驚きと失望が広がっている。

ロンドン五輪公式サイトで販売されている記念グッズは194種類あるが、英国製はわずか9%。62%が中国で生産されているほか、トルコが9%、フィリピンが4%など、91%が外国製だという。英国を代表する陶磁器メーカー、ウェッジウッドやロイヤルドルトン、ダーティントン・クリスタルなどのポットやカップも、表面に英国旗をあしらっているものの、実は中国タイで作られたものだ。

これに対し、英国内では驚きと波紋が広がっている。英BBC放送によると、同国の陶磁器専門家の1人は「(ウェッジウッド創設者の)ジョサイア・ウェッジウッドが聞いたら不安に思うだろう。英国生まれの製品が、実は何千マイルも離れた国からの輸入品だなんて」と落胆。英国の中小企業団体の関係者は「Tシャツでもおもちゃでも、英国内に優れた人材と技術がある。英国経済を活性化するチャンスなのに残念だ」と話している。(翻訳・編集/AA)

******************

中国製品は今や世界中どこでも身の回りにあふれている。
国際見本市を開いても紹介される製品のほとんどは中国製ということもあるかもしれない。
しかし、やはりロンドン五輪記念グッズが海外製だと購入しても残念な気がする。
逆に英国製のロンドン五輪記念グッズには証明書が付きかねない。
外国製の安価な記念グッズか英国製の高価な記念グッズかモニター調査して市場をウォッチするのも良いだろう。

by MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。