FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サーチナ 4月12日(木)10時36分配信
 日本政府は医療と観光を組み合わせた新型の医療観光を推進している。医療観光を利用し、病気を治療しながら日本観光をする外国人観光客の人数は増加しているが、治療費を支払わずに帰国する観光客が現れ、医療観光に参加する医療施設の負担が増えていることから、日本政府は政策で問題を解決する必要に迫られている。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 「毎日放送」によると、大阪府泉佐野市のある医療施設では外国人観光客に治療を行った後、料金を払わず帰国する事件が連続して発生し、損失は1300万円に達した。

 同施設は関西空港と近い有利な地理条件を利用し、先端医療と観光を組み合わせた医療観光の基地を目指していた。同施設の責任者は、「未納問題が再び起きる可能性もあるため、大阪府が制度をつくってくれることを希望する」と述べた。(編集担当:米原裕子)

*******************

前回のブログで書いた医療観光。
このように医療費の未収という問題が発生していた。
前回の記事中で、外国人の風習、宗教、保険制度の違いから問題が生じるとあった。
この未収問題はこのようなことと関係もあるのだろうか?
大阪の医療観光基地についてあるが、前回の記事と同じ施設であれば60人もの医療通訳者を配置するなど様々な取り組みをしていた。
きっと英語中国語韓国語など多言語通訳者にさらに医学通訳を研修させるなどしているのだろう。
ぜひこの未収問題を解決するシステムを構築しなければならない。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。