上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
配信日時:2012年3月5日 11時25分 レコードチャイナ

2012年3月4日、世界で最も歓迎されていない観光客は米国人であることが、調査会社Mandala Research LLCが行ったオンライン調査で明らかになった。台湾NOWnewsが伝えた。

同社がクーポン共同購入サイト「リビングソーシャル(Living Social)」を通じてオンライン調査を実施した。対象は米国、英国、オーストラリアなど5カ国に在住する約5600人。「最も歓迎しない観光客」について答えてもらったところ、「米国人」が最多だった。米国人自らも2割が「米国人」と答えた。

その理由は「服装がだらしない」「話し声が大きすぎる」が最も多かった。米国人の40%が「ホテルの備品を持ち帰った経験がある」と回答、その中で最も多かったのが「タオル」だった。

「歓迎しない観光客」の2位は中国人(15%)。これにフランス人(14%)、日本人(12%)、ロシア人(11%)が続いた。(翻訳・編集/NN)

**********************

「世界で最も歓迎されていない観光客」にはあまりランクインしたくないところだ。
一位の米国人の理由はあるが、2位以降の理由はなんだったのだろうか。
気になるところである。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
配信日時:2012年3月5日11時25分レコードチャイナ2012年3月4日、世界で最も歓迎されていない観光客は米国人であることが、調査会社MandalaResearchLLCが行ったオンライン調査で明ial)」を通じてオンライン調査を実施した。対象は米国、英国、オーストラリアなど5カ国に在...
2012/04/19(Thu) 00:42:55 |  まとめwoネタ速suru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。