上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CNN.co.jp 4月26日(木)12時33分配信

マドリード(CNN) スペインで過去に金銭を介した違法な養子縁組が大規模に行われていた問題で、起訴された87歳の修道女は法廷で、脅迫して赤ん坊を奪ったことはないと主張した。

マリア・ゴメス被告は、1982年に新生児を産みの親から奪い、違法な養子縁組をさせた罪に問われている。ゴメス被告は脅迫で赤ん坊を奪ったことはないと主張、法廷での証言を拒否している。

養子になった人々を支援している団体によれば、スペインでは過去に数千人もの新生児が盗まれ、子どもを欲しがっている家庭に金で売られていたという。

これまでに検察が立件した違法な養子縁組は少なくとも2000件。だが1950年代から90年代にかけて数万件に上るとの見方もある。

フアンルイス・モレノさんは40歳代になってから、自分が養子である事実を知った。養父はゴメス容疑者とは別の修道女に自宅の購入代金の約2倍に当たる謝礼金を分割払いで支払ったという。仲介者は養父に対し「赤ん坊の『市場』があるのだ」と言い、男女好きな方を選べと指示してきたという。

イネス・ペレスさん(89)は、ベビーシッターをした代価として養女を「プレゼントされた」。ある産科医院の院長から「びっくりするものがある」と呼び出され、赤ん坊とともに偽の出生証明書を渡されたという。

だが検察によれば、この件を犯罪事件として立件するのは困難だという。出生証明書の偽造で起訴するには時間が経過しすぎており、産みの親から引き離された経緯を証明するのも困難だとされる。

こうした違法な養子仲介は現時点では、全国的な組織や犯罪グループとの関与はないと見られている。

********************

違法な養子縁組問題とあるが、人身売買ではないか。
それも組織や犯罪グループではなく、修道女や医者が斡旋していたようだ。
スペインではこのようなケースが数万件あるのではないかとある。
最近、ナイジェリアの赤ちゃん工場のニュースを見たばかりであった。
このような悲しいニュースがない世界にしたい。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。