FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年5月6日(日) Travel vision

中部国際空港は5月1日、iPadを利用したテレビ通訳サービスの試験運用を開始した。これは、開港7周年事業として取り組んでいる「訪日外国人旅客に向けた『おもてなし』強化」の施策の一つ。これまでは英語中国語韓国語での案内サービスを提供してきたが、ポルトガル語スペイン語にも対応し、既存3言語についても対応を強化する。

 通訳サービスはiPadの映像通信を利用して、旅客と案内所のスタッフ、コールセンターのオペレーターの3者が意思疎通をはかるもの。コールセンターはブリックスのものを利用する。

 試験では、通訳サービスの利用の多い言語や問い合わせの多い内容を把握。通訳サービスの導入効果を検証するとともに、ターミナル内の案内サインなどの改善にもつなげるねらいだ。試験運用の期間は7月31日まで。

****************

日本の国際空港は海外の空港よりやはり英語が標準ではない分、海外からの旅行者からは不便であろう。
中部国際空港ではテレビ通訳サービスを始めたとある。
モニター調査を徹底してよりよいサービスになってほしい。
また、テレビ通訳サービスだけではなく、空港内のナレーション英語ナレーション中国語ナレーション等だけではなく、試験的にポルトガル語ナレーションを導入してみて結果を見てみたい。
国際見本市など、東京 展示会が多いが、トヨタがある中部地区でもコンベンション招致強化のためにも空港の国際化対策は重要である。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。