上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
+D Mobile 5月16日(水)14時49分配信

日本語で送ったメールが海外の友人に外国語で届き、外国語の返事は日本語に翻訳されて届く――。NTTドコモが6月1日から、「メール翻訳コンシェル」の提供を開始する。

すでに提供を開始している通訳電話の技術を活用したクラウド型サービス。メールやTwitterなどのテキストベースのコミュニケーションについて、海外の人とやりとりする際に自動で翻訳して相手に送信できるようにする。

 入力した日本語のメッセージはクラウド上で外国語に自動で翻訳され、送信可能。英語に翻訳された結果は、日本語に再翻訳して表示されるので、翻訳内容が合っているかどうかを確認した上で相手にメッセージを送ることができる。外国語で届いたメッセージの日本語翻訳にも対応している。

 送信時の翻訳対応言語は、日本語から英語、中国語韓国語。受信時の翻訳対応言語は、英語、中国語、韓国語から日本語。利用料金は無料で、対応端末はAndroid 2.2以上のドコモスマートフォンとタブレット。

 利用にあたっては、Google Playからメール翻訳コンシェルアプリをダウンロードする必要がある。

**********************

ドコモの翻訳・通訳サービスがどんどん拡大している。
今回の「メール翻訳コンシェル」には試験サービス中の「通訳電話」。
通訳電話は10か国語対応を始めたようだ。
この翻訳サービスも多言語対応になると大変便利になる。
ただ、機械翻訳でどこまで対応できているのか気になるところである。

By MT

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。