FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.18 Fri posted at: 11:22 JST

アラブ首長国連邦アブダビ(CNN) フランスで発足した新内閣の首相に就任したジャンマルク・エロー氏の姓の発音をめぐり、アラビア語圏の放送局などが頭を痛めている。

「エロー(Ayrault)」の名をフランス語で正確に発音すると、アラビア語で男性性器を意味する俗語とそっくりな発音になる。この言葉はレバノンやパレスチナでやや中傷的な意味合いも帯び、アラビア語圏で広く通用する。

このため放送各社は、番組でこの名を正確に発音すべきか、それともフランス語では発音されない語尾の「L」と「T」も含めて発音するかの判断を迫られた。

衛星テレビ局アルアラビーヤは、「人名を変えるわけにはいかない。対応してやっていくしかない」(編集局デスク)との判断から、フランス語通りの発音で通すことを決めた。アラビア語で表記する場合は不快語ではないことを明記する方針。

一方、CNNアラビア語放送は、語尾のLとTを発音する方針を決めた。

フランス外務省は、問題については認識しているとしながらも、ノーコメントを通している。大統領府にも取材したが、首相府に聞いてほしいとしてやはりノーコメントだった。

**********************

フランスの新首相、思わぬ問題が起こったものだ。
アラビアの各放送局では様々な対応を決めたようだが、衛星放送等だとフランス語ナレーションがそのまま流れた場合はどうなるのか。
ちなみにカルピスはアメリカではカルピコ。
カルピスのままだと英語ナレーションではcow piss(カウ ピス=牛の尿)と聞こえるそうだ。
このカルビスだが、開発のヒントは創業者がモンゴルで口にした乳製品ジョッヘだという。
横道にそれてしまったが、翻訳通訳の大変さを垣間見た。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。