FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読売新聞 6月16日(木)18時39分配信

 【ジャカルタ=西山幸太郎】インドネシア出張中の橋下徹・大阪府知事が16日、ジャカルタ市内の中高一貫校を視察し、国歌斉唱を披露する一幕があった。

 府議会では3日に教職員に国歌の起立斉唱を義務付ける全国初の条例が成立したばかり。橋下知事はまず、訪問した「ラブ・スクール・ケイバヨラン・バルー・ジャカルタ」で教員や生徒ら約60人を前にあいさつし、「日本では、戦争を思い出すという理由で国歌を立って歌わない教員がいる。僕が立って歌えというだけで、大問題になっている」と話した。学校側から「そんな教員がいたらクビ」との声が上がると、知事は「僕も(別に処分条例をつくって)クビにしようとしている」と応じた。

 教員らは、インドネシアの国歌を全員で歌い出し、橋下知事にも日本の国歌を歌うよう提案。知事は同行した府職員らと一緒に立って君が代を歌った。

 知事は斉唱後、報道陣に対し、「これが普通じゃないですか。日本のばかな主張をしている教員や有識者に、(インドネシアの)こういう現場を見てもらいたい」と述べた。

************

日本の国歌斉唱はいつも学校行事で問題として取り上げられる。
それに対し、大阪府の橋元知事は条例を成立し、訪問先のジャカルタで君が代を歌った。
格安インドネシア語翻訳ガイドが同行していただろうか。
君が代をインドネシア語翻訳すると、インドネシアではどのような反応があるだろう。
君が代は機械翻訳ではニュアンスが伝わらない。
きちんとした翻訳会社に依頼しなければならない。
翻訳や通訳をする際にはその国の文化を知らなければ訳せないこともある。
君が代もどのように訳されるのか興味深い。

By MT
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。